こんにちは
たみなと税理士事務所です

早稲田大学商学部卒業。
中学生のときに母親が何気なく言った「公認会計士になったら?」の一言で、公認会計士を目指す。
約1万時間の勉強時間を費やし、公認会計士の資格を取得。
東京で4年間、公認会計士として実務にあたる。
料亭を経営する両親を持つ妻に出会い、結婚。
栃木県でたみなと税理士事務所を開設し、税理士業に専念しながらも、料亭の経営にも携わる。
より深く知見を広めるために調理師免許を取得した。
愛読書は「築地魚河岸三代目」。

飲食店経営のノウハウ

2018.09.04

【利益はいくら?】飲食店における収支計画の立て方②

皆様こんにちは。栃木県宇都宮市に税理士として開業いたしました税理士の田港(たみなと)でございます。
今回も引き続きブログのタイトル通り飲食店における収支計画の立て方②につて記載していきます!

こちらは、前回の続きという位置づけになりますので、前回の【飲食店における収支計画の立て方①】をご覧になっていない方は、まずそちらからお読み頂いた上で今回の内容をご覧いただく事でより理解が深まると確信しております。

前回も申し上げましたが何より一番大切なのは「総費用を90%以内に抑えること!」です。
飲食店の経営で目安となるのは「10%以上の利益の確保」言い換えれば、「総費用を90%以内に抑えること!」になります。
下記に飲食店の費用を分解した表を提示いたします。(前回も提示済み)

 
科目 内容 売上割合
材料費 料理自体の原価
ドリンク原価等
合計30%
人件費 オーナーの人件費
社員・アルバイトの給料
求人費等
合計30%
物件費 物件の家賃等 10%
水道光熱費 電気・ガス・水道代金等 5%
販売促進費 チラシなどの広告費 2%
雑費 消耗品費
事務用品費
修繕費
通信費等
13%
 


材料費~物件費については①に記載済みですので割愛させていただきます。

水道光熱費
こちらも物件費と同様簡単に削ることができないものであり、運営する上で必要不可欠な費用です。しかし、休憩中の際に極力省エネモードにする節約を心がけてOFF状態にすることを意識して節約することも可能です。また、最近では電力自由化などの影響もあり様々な料金体系を設けている業者が数多く存在しますので電機料金等の見直しを検討するように心がけることも大切です。

販売促進費  
飲食店では、広告なども積極的に使用していきたい費用となります。
例え立地がよくても新規客を随時流入させていかなければなりません。
理由としましては、お客様は飽きやすく移ろいやすい傾向があります。
もちろん年齢にもよりますが、お客様への接触を怠るとお客様がお店のことを忘れていってしまうという性質があります。
そのため、お客様への継続的な接触が必要です。そのツールとして販促促進費をある程度は費やす必要があります。
もちろん看板を出すとうことも販売促進費の大切な戦略の一部です看板を出すことでその周りのお客様に認知させ興味を持っていただくことで新規顧客へと昇華させることができるためです。

雑費
雑費は名前の通り、様々な費用の積み重ねです。
一個一個を細かく管理するというより、まとめて予算を設定することで、その予算額を超えてしまった時に見直しを行うなどある程度重要性を落としての管理でよいかと思います。
 

以上ざっくりと各費用における管理・抑制方法についてお伝えいたしました。
こちらは、あくまで数ある中の一例となりますので、是非皆様のご参考になりましたら幸いです。
より、詳細をお知りになりたい方・今後飲食店開業を予定している方・実際に飲食店を営んでいて経営体制に不安をお持ちの方・・
是非、たみなと税理士事務所にお問い合わせ下さい。是非、皆様の成長・気づきのための有益なお時間をご提供いたします!


 
 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して宇都宮☆マンは一切の責任を負いません