こんにちは
たみなと税理士事務所です

早稲田大学商学部卒業。
中学生のときに母親が何気なく言った「公認会計士になったら?」の一言で、公認会計士を目指す。
約1万時間の勉強時間を費やし、公認会計士の資格を取得。
東京で4年間、公認会計士として実務にあたる。
料亭を経営する両親を持つ妻に出会い、結婚。
栃木県でたみなと税理士事務所を開設し、税理士業に専念しながらも、料亭の経営にも携わる。
より深く知見を広めるために調理師免許を取得した。
愛読書は「築地魚河岸三代目」。

飲食店経営のノウハウ

2018.12.20

【飲食店におススメ!】月額利用料0円のAIRレジ

今年栃木県宇都宮市にて開業いたしました。税理士の田港(たみなと)です。
 
突然ですが、皆様の店舗ではどのようなレジをお使いでしょうか。
ガチャレジと呼ばれるような昔ながらのレジをお使いの店舗も多いかと思います。
一方、最近はipadのようなタブレットを使ったPOSレジが栃木県内でも少しずつ増えているような気がいたします。
 
今回は、このPOSレジの中でも特にオススメのAirレジを紹介していきます。
なぜ、数あるPOSレジの中でもAirレジがオススメかといいますと、ずばり月額利用料が0円であることがあげられます。
 
月額利用料が0円ということで、運営体制に問題があるのではないかと疑念を抱く方もいらっしゃるかと思いますが、その点は大手のリクルートが運営しているということである程度は信頼ができるのではないでしょうか。
 
Airレジには他にも利点があります。
  • 売上の詳細な分析が可能
例えば、日別の売上・時間帯別の売上、さらには商品別の売上も分析できます。
これらの売上を分析できれば、「日曜日は17時から忙しくなるから、シフトを厚めに用意しておこう」「この商品はあまり売れないからもう仕入れるのはやめよう」などと分析ができます。
 
(ただ、このような分析機能があっても飲食店の方はそもそもパソコンに触れる機会がなかなかないのと、また店舗の運営が忙しく分析をする時間などないのが普通かと思います。
そこでたみなと税理士事務所では、毎月POSレジのデータを打ち出すサービスをしております。
また訪問時にはPOSレジから打ち出したデータを元に経営者の方と今後の戦略を話し合わせて頂きます。
そのため、ただ形式的に店舗の改革を進めるのではなく、実効性のある店舗運営を手伝わせていただきます。)
 
  • 初期投資額が少ない
いくら、月額利用料が0円でも初期投資額が高かったら意味がないと思います。
この点Airレジであれば、3万円台からレジを店舗に導入することも可能です。(保守サポートオプションはない場合)
 
https://airregi.jp/doc/device/device_lp.html#starterpack
 
(たみなと税理士事務所では、パソコンの操作が苦手な飲食店の方向けにAirレジの設定のサポートも行っております。)
 
今回は、Airレジのメリットを簡単にではありますが、記載させていただきました。
今後、Airレジの使い方などをお伝えできればと思っております。

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して宇都宮☆マンは一切の責任を負いません